ラーメンさんぱち

さんぱちグループ「ラーメンさんぱち」オフィシャルサイトです。

さんぱちについて

無類のラーメン好きが高じ「旨いラーメンが食べたい」の一心で
小さなラーメン屋を開店したのが昭和62年。
創業当時から目標にしている"おなかもこころもあったか満足"という
私たちが提供できるおもてなしの心を込めて、
お客様の立場で考え、常に製品の高品質化と、気持ちの良いサービスの向上に努めると共に、
従業員一同、皆様のご期待に添えるよう、日々追求し前進してゆきたいと考えています。
いつも皆様の傍にある身近な美味しいラーメン店を目指して
一生、勉強、研究、発展に一層努力を重ねて参りますので、
ご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

さんぱちの歴史

当社は、ラーメン本場ここ札幌で1987年(昭和62年)に創業いたしました。
当時創業者の中秀世は、「うまいラーメンが食べたい」という気持ちから
「おなかもこころもあったか満足」をテーマに閉店したラーメン店を居抜きで
百万円で購入し第1号店をオープンさせました。
「さんぱち」とは創業者の中秀世が当時三十八歳という由来を元に名をつけました。

その後、スタッフを増やし手稲区前田、北区新琴似などに店舗をオープン。
平成9年に東京、平成13年に沖縄、平成16年には海外にも出店しました。

創業者の中秀世は「未だ独自の味を模索中です」と語ります。
ラーメンに対する「愛情」と「こだわり」は店を増やす毎に増し続けます。
その味をまだ確かめていない方は、ぜひとも味わって
「おなかもこころもあったか満足」になってください。

すすきのにあるラーメン横丁を中心に生まれた札幌ラーメン。
いまや全国区の知名度となり、全国各地からの観光客も必ず札幌ラーメンの
のれんをくぐるはずです。
当店でも一度食べたらまた食べたくなるような札幌ラーメンを作りつづけます。